面接を受けてみよう by アルバイト初心者のために、役立つことを教えます

アルバイト初心者のために、役立つことを教えます

面接を受けてみよう


「面接を受けてみよう」の参考イメージ

アルバイト経験がない人のために、ここではアルバイトを始めるときの注意点をアドバイスしておきたいと思います。

アルバイトを始める際にはただ応募すればいいだけではなく、もちろん面接をすることになります。
つまりお店や会社の偉い人と1対1で喋ることになるので、仕事をスタートさせるためにも全力でアピールしていきましょう。
面接時にこの子やる気がないなと思われてしまったら、その時点で不採用になってしまいます。

まず面接というのはほとんどどんな場所でも同じような内容になるでしょう。
たとえば「志望動機は何か?」という質問をされることが多いです。

志望動機については人それぞれ色々あると思いますが、基本は面接官の立場になって不快にならないように考える必要があります。
「家から近かったので」とか「楽そうだから」などの適当過ぎる志望動機は、マイナスイメージしか与えないので注意しましょう。

そして面接の最後には必ずといっていいほど質問タイムが設けられます。
もちろん質問についてはしてもしなくても自由ですが、できれば質問は用意するべきだと思います。
質問を積極的にしてくる人としてこない人とでは、面接官に与える印象が大きく変わるのです。
あなたが事前に質問を考えてくることができれば「この子はやる気満々だな」と思わせることができるようになるでしょう。

また基本的なことですが、面接の際には必ずはきはきと声を出して喋るようにしてください。
もちろん相手の目を見ながらしゃべることも大事です。
特に接客業の場合はよく見られるポイントになるので、これだけでも結果は大きく変わります。